NO.1

ITF(国際テニス連盟)は、今年の世界チャンピオンを発表し、男子は世界ランク1位でシーズンを終えたN・ジョコビッチ(セルビア)、女子では同3位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が選出された。

今年ジョコビッチは、全豪オープンで大会2連覇を果たし、ソニー・エリクソン・オープン男子、チャイナ・オープン男子、上海マスターズ、さらに今季レギュラーツアーで獲得した総ポイントの上位8選手しか出場権が与えられないATPワールド・ツアー・ファイナルなどでも優勝を飾っている。

セリーナは、全仏オープン1回戦でV・ラッツァーノ(フランス)に逆転で敗れるも、それ以降はウィンブルドン、ロンドンオリンピック、全米オープンで優勝、また2009年以来となるWTAチャンピオンシップで優勝を果たした。セリーナは今季の戦績を59勝4敗という圧倒的な強さを発揮していた。

しかし、ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ勝率ですねぇ・・・。

あやかりたいものです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です