マレーが悲願のタイトルを獲得!!

テニスのグランドスラム、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会15日目の10日、男子シングル決勝を行い、第3シードのA・マレー(英国)が第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に7-6 (12-10), 7-5, 2-6, 3-6, 6-2のフルセットで勝利、グランドスラム初優勝を果たしたました。

第1セットは互いに2度のブレークを奪い合い、タイブレークへ突入。そのタイブレークでは両者我慢のラリー戦が続くも、マレーが1時間27分でセットを先取する。

第2セットは第2ゲーム、第4ゲームでマレーがブレークに成功し、ゲームカウント4-0とリードする。しかし、第5ゲームでジョコビッチにブレークバックを許す。その後、マレーはゲームカウント5-3のサービング・フォー・ザ・セットとなる自身のサービスゲームを迎えるも、ジョコビッチにブレークされてしまう。

以降互いにサービスキープを続け、ゲームカウント6-5とマレーがリードし、ジョコビッチのサービスゲームである第12ゲームを迎える。そのゲームの15-30の場面でジョコビッチはスマッシュのミスを犯し、マレーがセットポイントとなるブレークポイントを2本握る。このチャンスを生かしたマレーが2セットアップ、グランドスラム初優勝まで、あと1セット。

第3セットは第3ゲーム、第7ゲームでジョコビッチがブレークに成功、ゲームカウント5-2とリードする。結果、このセットは46分でジョコビッチが奪う。

第4セットは第1ゲームでマレーがジョコビッチにブレークを許すスタート。以降互いにサービスキープを続けるも、第9ゲームもマレーはブレークを許し、勝負の行方はファイナルセットへ突入する。

ファイナルセットは第1ゲームでブレークポイントをマレーが握る。このポイントで長いラリー戦となるも、ジョコビッチがミスを犯しマレーがブレークする。

これで勢いに乗ったマレーは第3ゲームもブレーク、ゲームカウント3-0とリードする。第4ゲームはジョコビッチにブレークを許すも、第7ゲームでマレーは再びブレーク、ゲームカウント5-2、サービング・フォー・ザ・チャンシップのゲームを迎える。

その第8ゲームで最後ジョコビッチのリターンがアウト、マレーがグランドスラム初優勝を決めた。

マレーは今大会の2008年、2010年・2011年の全豪オープン、さらに今年のウィンブルドンで決勝に進出するも、タイトル獲得に至っていなかっただけにうれしいタイトルでしょうね。

また、偶然にもマレーのコーチを務めているI・レンドル(アメリカ)も、現役時代にグランドスラム5度目の決勝戦で初のタイトルを手にしている事実も・・・。

何か運命を感じますね。

優勝が決まったマッチポイントのマレーのうそだろう・・・と呆然とする表情が印象的でした。

おめでとう・・・マレー・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です