どうなる・・・?

20160527_osaka_546

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は24日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク66位で18歳の大坂なおみ(日本)がツアー初の決勝進出を果たし、試合後のオンコートインタビューで「すごく嬉しい」と笑顔でコメントした。決勝戦では元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)と優勝を争う。

世界ランク20位のE・スイトリナ(ウクライナ)を1-6, 6-3, 6-2の逆転で下し、日本勢で1995年のクルム伊達公子(日本)以来21年ぶりの優勝に王手をかけた大坂は「集中出来た」と勝因も語った。

決勝戦で対戦する元女王のウォズニアキとは、今回が初の顔合わせ。

撃力が勝るか・・・?守備力が勝るか・・・?

面白い対決になりそうですねぇ・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です