さてさて・・・。

男子テニスのマイアミ・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)は1日、シングルス準決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が第24シードのN・キリオス(オーストラリア)を6-3, 7-5のストレートで下し、大会初の決勝進出を果たすと同時に、マスターズ初優勝に王手をかけた。試合後に錦織は、決勝で対戦する第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)を警戒。

前日の昼に行われた準々決勝で第16シードのG・モンフィス(フランス)に5度のマッチポイントを握られるも大逆転で勝利した錦織は、この日キリオスに快勝し、錦織はマスターズ初のタイトル獲得、ジョコビッチはR・ナダル(スペイン)のマスターズ大会最多27度の優勝を抜く28度目を頂点を目指す。

決勝戦に向けて「タフな試合になるだろう。」と錦織は警戒し「彼(ジョコビッチ)はこの大会でいいプレーをしている。僕はいい試合を出来るよう願っている。」と意気込んだ。

スイッチが入ったジョコビッチ選手に錦織選手にどう対応するんですかねぇ・・・。

楽しみです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です