期待・・・

20150729_546

男子テニスツアーのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード)は28日、シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場のR・ハリソン(アメリカ)は予選勝者のD・クドラ(アメリカ)に6-3, 4-6, 6-7 (5-7)の逆転で敗れ、2回戦進出とはならなかった。

23歳のハリソンは世界ランキングで2012年に43位までのぼりつめた実力者。またインディアンウェルズのマスターズ1000大会と相性が良く、2011・2012年にベスト16へ進出。

だが近年はスランプ気味で、下部大会のチャレンジャーに出場。ラケットもこれまでのモデルとは違うものを使用するなど試行錯誤しているが、この日は同じアメリカ勢で22歳のクドラに2時間6分で敗退。

世界ランク128位のハリソンは、これまで切磋琢磨してきた22歳のJ・ソック(アメリカ)やクドラらアメリカ勢の若手の中で差が開いている。

ソックは4月の米男子クレーコート選手権でツアー初優勝を飾ると、全仏オープンでグランドスラム初のベスト16入りを果たした。クドラは今年のウィンブルドンで16強入りしている。

しかし、ハリソンはこれまでのグランドスラムで自己最高は2回戦進出。またツアー優勝は未だない。

アメリカテニス界が早くから注目していたのですが、なかなか結果が出ないようですね。

このまま終わらずに、活躍してもらいたい選手の一人です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です