ベテラン・・・

wimdb_g

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は1日、女子ダブルス1回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)/ F・スキアボーネ(イタリア)組がK・ヤンス(ポーランド)/ A・クレパック(スロベニア)組を6-4, 6-2のストレートで下し、危なげなく初戦突破を果たした。試合後、クルム伊達が勝利の喜びを語り、ペアのスキアボーネを絶賛。

44歳のクルム伊達と35歳のスキアボーネ、足すと79歳となるクルム伊達/ スキアボーネ組は貫録を感じさせるプレーでヤンス/ クレパック組を圧倒し、1時間7分で勝利。

ペアのスキアボーネについては「彼女(スキアボーネ)は勝負勘がわかってるし、グランドスラムを勝っているのもある。経験を活かしている。」と、絶賛。

スキアボーネは、2010年の全仏オープンでグランドスラム初のタイトルを獲得した。この優勝はイタリア人女性として初の四大大会優勝。

2回戦でクルム/ スキアボーネ組は、第1シードのM・ヒンギス(スイス)/ S・ミルザ(インド)組に挑戦する。

「1回戦に勝てば当たるというのは頭に入っていた。彼女(ヒンギス)もカムバックして、断トツの上手さを見せている。ダブルスの上手さを見せつけられるのか、それに食付いていけるのか。ミルザもパワーがある。対戦したかった想いをコートで出し切りたいと思っています。」と、2回戦に向けて意気込みを語った。

ベテラン勢の健闘を祈ります・・・。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です