どうした・・・ケイ・・・

20140116_546

男子テニスのエキシビション大会であるクーヨン・クラシック(オーストラリア/クーヨン、ハード)は16日、シングルス3位決定戦が行われ、錦織圭(日本)R・ガスケ(フランス)に6-7 (4-7), 6-7 (8-6)のストレートで敗れ、ガスケから初勝利をあげることができなかった。

第1セットは両者サービスキープが続き、錦織がタイブレークの末に落とす。

錦織のサービスで始まった第2セットは中盤までブレークチャンスが訪れなかった錦織だが、第10ゲームで0-40と、錦織にセットポイントが訪れるがこのゲーム、5度のチャンスを活かすことができなかった。

ガスケがサービスの第12ゲーム、錦織は2本連続でリターンエースを決めデュースとするが、ガスケが2本連続サービスエースを決めガスケがこのゲームをキープし、このセットもタイブレークへ突入した。

タイブレークでは5ポイント目でガスケが先にミニブレークに成功するが、直後の6ポイント目でフォアハンドのウィナーを決め追いつく。11ポイント目でガスケがサービスエースを決めマッチポイントとするも、錦織もサービスエースを決め6-6と追いつく。

13ポイント目で錦織が再びミニブレークを許し、最後はガスケのファーストサービスを返すことができず、1時間44分で敗れた。

この試合、両者1度もブレークが無い試合となった。

両者はこれまで5度対戦してきたが、錦織はガスケに1勝もあげたことが無く、直近の対戦では昨年のシティ・オープン準々決勝で、この時錦織は右足を痛めており、全米オープン出場を前に手術する直前だった。

苦手意識がある試合内容でしたねぇ・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です