恐れるものはなにもない・・・

20140703_546_770ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は2日、男子シングルス準々決勝が行われ、第11シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)が昨年、77年ぶりに地元優勝を果たし、連覇を狙うA・マレー(英国)を6-1, 7-6 (7-4), 6-2のストレートで下し、初のグランドスラムベスト4に進出。

試合をテレビで見ていましたが、常にチャレンジャーであって、闘志あふれるプレースタイル・・・。

ビッグネーム相手に臆することなく戦いを挑んでいく姿勢・・・素晴らしいですね・・・。

久々の本格的なシングルハンドプレーヤーが活躍しています。

これは期待していいかも・・・。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です