話題になってます・・・。

20130803_546_380

男子テニスで世界ランク11位の錦織圭(日本)は、第2シードで出場したシティ・オープン男子(アメリカ/ワシントンDC、ハード)からニューモデルのラケットを使用しており、話題となっている。

これまで錦織は、ラケットメーカーであるウィルソンと契約を交わしており、2011年のスイス・インドアから今年のウィンブルドンまではSTEAM PRO(スチーム プロ)を使用してきた。

2011年のスイス・インドアで、錦織はプロテニスプレーヤーにとっては生命線ともとれるラケットのモデルチェンジを行った。通常、テニスプレーヤーはラケットのモデルチェンジを、短くても2カ月、長ければ1年以上をかけて新たなモデルチェンジするが、驚く事に錦織は2週間という短い期間でそれを決意した。

そして、スイス・インドアで主催者推薦で出場した錦織は、1回戦でT・ベルディフ(チェコ共和国)を逆転で破り勢いに乗った。その後、N・ジョコビッチ(セルビア)を破る大金星をあげた錦織は、決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れるも準優勝を飾った。

翌年の2012年の全豪オープンでは、自身初となるグランドスラム8強入りを果たすと同時に、日本男子でオープン化以降初のベスト8進出という快挙を達成。同年のロンドンオリンピックではD・フェレール(スペイン)らを次々と下し準々決勝進出。

さらに、地元日本で行われた楽天ジャパン・オープンに第8シードで出場した錦織は、同胞の添田豪(日本)、元世界ランク5位のT・ロブレド(スペイン)、トップ10のベルディフ、2006年の全豪オープン準優勝のM・バグダティス(キプロス)M・ラオニチ(カナダ)を破り、ツアー2度目のタイトルを獲得した。

そして、今年は全豪オープンで2年連続のベスト8進出は逃すも、ATP500大会のアメリカ国際インドア選手権で1セットも落とさない安定したプレーを披露し自身3度目のツアー優勝を飾った。

その後、ムチュア・マドリッド・オープン男子でグランドスラム最多17度の優勝を誇るR・フェデラーを破る快挙を成し遂げた。さらに全仏オープンではR・ナダル(スペイン)に敗れるも、日本男子で1938年の中野文照以来75年ぶりの4回戦進出を果たした。

全貌が明らかになっていない錦織使用の最新ラケット情報は、8月20日に解禁される。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です