強いぞ!! ラオニッチ・・・

20160127_546_201

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は27日、男子シングルス準々決勝が行われ、第13シードのM・ラオニチ(カナダ)が第23シードのG・モンフィス(フランス)を6-3, 3-6, 6-3, 6-4で下し、大会初のベスト4進出を果たした。

この試合の第2セットを落とすも、ラオニチは230キロを超えるサービスでモンフィスを圧倒し、2時間12分で準決勝進出を決めた。

ラオニチはモンフィスと3度目の対戦で、今回初めて勝利した。

今大会は1回戦でL・プイユ(フランス)、2回戦でT・ロブレド(スペイン)、3回戦で第21シードのV・トロイキ(セルビア)、そして、4回戦で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)を下しての勝ち上がり。

今季開幕戦のブリスベン国際男子では決勝でR・フェデラー(スイス)を破って優勝し、勢いに乗った状態で今大会へ臨んでいる。

これは期待できそうです。