12月29・30日開催 STC高校生ダブルス大会組合せ

12月29・30日開催のSTC高校生ダブルス大会の組合せを発表致します。

12月29日STC女子ダブルス組合せ 12月30日STC男子ダブルス組合せ

大会当日はAM8時より受付開始となっております。競技開始は9時スタートを予定しております。エントリーが済んだペアから練習が出来ますので、お申し出下さい。


イメージ・・・

20151224_546

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング、データスタジアム株式会社と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2015年総括特別編を行い、男子テニスで世界ランク8位の錦織圭(日本)が「アスリートイメージ総合ランキング」で男女を含め4位となった。

「アスリートイメージ評価調査」はCMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的とし、調査対象としたアスリートの認知、好意度のほか、独自に構築した29項目のイメージ評価によるオリジナル調査である。

調査結果として、アスリートイメージ総合ランキングでは1位に羽生結弦(フィギュアスケート)、2位にイチロー(野球)、3位に浅田真央(フィギュアスケート)、4位に錦織圭(テニス)、5位に五郎丸歩(ラグビー)となった。

6位以下は、6位に吉田沙保里(レスリング)、7位に三浦知良(サッカー)、8位に内村航平(体操)、9位に武藤嘉紀(サッカー)、10位にクルム伊達公子(日本)(テニス)。

また、アスリートイメージ評価の各種ランキングも発表され、錦織は「爽やかなアスリート」で3位、「華やかなアスリート」で5位、「テクニックがあるアスリート」で2位、「常にチャレンジ精神を持ち続けているアスリート」で4位、「勢いを感じるアスリート」で4位と、計8つの項目のうち5つにランクインした。

ちなみに「知性的なアスリート」にはクルム伊達が5位となっている。


限定商品・・・

srxcx2_kevin15F

以前にも限定発売でご好評を頂いておりました、ケビン・アンダーソン選手使用のレヴォCX2.0ツアーが来年4月に受注限定で追加発売になるそうです。

18×20のストリングパターンのラケットはスリクソンではこの商品しか有りません。

ご興味のある方は、ご一報ください。


あこがれ・・・

20151210_546

【BIG4で一番好きな選手は?】
ノヴァーク・ジョコビッチ 21パーセント(991票)
ロジャー・フェデラー 48パーセント(2,266票)
アンディ・マレー 11パーセント(520票)
ラファエル・ナダル 20パーセント(945票)

アンケート回答者4,722票の中で、2,266票と約半数の票を獲得したフェデラー。現在34歳だが、今も尚進化し続けているところがファンにとっては嬉しいようで「この歳になっても世界のトップに居続けてテニス界をリードしている偉大なレジェンド」、「年を取っても進化し続けるスタイルに引き込まれる」などのコメントがあった。

フェデラーは今年のATPツアーを回る選手達が選ぶ「ステファン・エドバーグ・スポーツマンシップ・アワード」と、ファンが選ぶ最も人気のある選手に贈られる「ファンズ・フェイバリット・アワード」の2つの賞を受賞。同じテニス選手からも愛されているフェデラーは不動の人気である。

また、2位にジョコビッチ、3位にナダル、4位にマレーの順位となったが、ジョコビッチがナダルと票数が並んだのは今季の活躍に比例しているのだろう。

現在28歳のジョコビッチは今年、全豪オープン・ウィンブルドン・全米オープンとグランドスラム3大会で優勝、またマスターズでは9大会のうち6大会でタイトルを獲得、さらにツアー・ファイナルでは史上初となる4連覇の快挙を達成するなど、キャリア最高のシーズンとなった。

あこがれになるってすごいことですよねぇ・・・。

フェデラーのプレーや人柄も大きく影響しているんでしょうね


絶賛・・・

20151206_546_02

テニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)の日本ラウンド(日本/神戸、ハード)は4日、シンガポール・スラマーズとインディアン・エーシーズのレジェンドシングルスで、F・サントロ(フランス)を6-5 (7-6)で下した元世界ランク1位のC・モヤ(スペイン)が、日本のエース錦織圭(日本)を絶賛した。

>>IPTL対戦カード<<

「今日の試合はとても良かったと思う。」と話すモヤはサントロと接戦を繰り広げ、どちらが勝ってもおかしくない試合内容の中、最後はサントロのダブルフォルトでレジェンド対決に幕が下りた。

「調子も上がってきていたし、今日の試合は自分の中でも満足の内容だった。ただ、内容的には竸っていて、負けてもおかしくなかったと思う。重要なポイントが取れたのが良い結果につながった。」と振り返っていた。

ジャパン・ウォリアーズに所属する錦織については「とても良い選手であることは間違いない。私自身も彼(錦織)のテニスを見るのがすごく好きだし、動き方・プレーは素晴らしいと思う。」

「トップ10に入って2年目だけど、このまま順調にいけばトップ10に残ることが出来る選手だし、まだ若い。必ずグランドスラムを獲るチャンスが出てくると思う。彼のテニスは武器もあるし、とにかく動きが良い。」と絶賛していた。

レジェンドに褒められて、よかったですね。

今後の活躍に期待です!


夢・・・

20151204_546_04

テニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)の日本ラウンド(日本/神戸、ハード)は3日、錦織圭(日本)が所属するジャパン・ウォリアーズはUAEロイヤルズにゲームカウント15-30で敗れた。試合後の会見でM・サフィン(ロシア)はIPTLについて語った。

>>IPTL対戦カード<<

「実はIPTLと同じフォーマットを現役時代に聞いたことがあったけど、その時は実現不可能だと思っていた。なぜなら、その時はそれだけのスポンサーを集めることが困難だったから。ただIPTLに参加してみて、とても上手くいってると思う。これだけの選手が集まっているし、これからIPTLは更に進化していくと思う。」とサフィン。

「IPTLを作った人の話を聞いていると、これからの発展は間違いない。今はアジアの国でやっているけれど、アメリカやロシアなど、もっと大きい国での開催も考えられる。そして、これからメディアの注目が集まってくれば、IPTLがもっと大きなものになっていくと思うし、本当にこのアイディアは最高。」とコメントした。

本当にいい企画ですよね!

そのうち新潟とかで開催されるかも・・・。


エレガンス・・・

20151130_546_6

29日、スイスの時計ブランド ロンジン(Longines)が公式パートナー兼公式タイムキーパー、公式時計として協賛する競馬のジャパンカップにおいて、ジョッキーの池添謙一が騎乗するショウナンパンドラが優勝した。このレースには、ロンジンのエレガンス アンバサダーを務める男子テニスで元世界ランク1位のA・アガシ(アメリカ)と表彰式プレゼンターを務める日本ラグビーの五郎丸歩が出席した。

ロンジンがオフィシャルパートナーを務めるジャパンカップにおいて、沸き返る大観衆の中、池添謙一が騎乗するショウナンパンドラが一着でゴール。このすばらしい成績に対し、ショウナンパンドラの馬主、生産者、調教師、騎手、厩務員には、ロンジン本社社長のウォルター・フォン・カネルとロンジン エレガンス アンバサダーのアガシから、エレガントなロンジンの時計が贈呈された。

ロンジンはレース当日の東京競馬場において、ブランドのコンセプト「エレガンス」をたたえる企画として、ロンジンのブランドカラーであるブルーをポイントにした衣装を身に付けた最もスタイリッシュな女性に、「ロンジン エレガンス賞」を贈った。受賞者のモデル・大屋夏南には、アガシからロンジンの時計が手渡された。

ロンジンが協賛するジャパンカップは、公式時計であるロンジン マスターコレクションの良さを理解してもらう最高の機会となった。3世紀にわたり積み重ねられてきた時計製造の専門知識と経験が、ロンジン マスターコレクションの信頼を支えている。

1832年の創業以来、スイスのサンティミエに拠点を構えるロンジンは、「伝統」と「エレガンス」、そして技術面での「性能」を最大限に活かし、優れた時計を生み出しています。ロンジンは、数多くの世界的なスポーツイベントの公式計時の製造メーカーであり、また国際的なスポーツ連盟のパートナーとして、長年に渡り豊富な実績を築いてきた。

ロンジンが似合う男になりたいですねぇ・・・