惜しまれる 引退・・・

20151030_546_800_02

女子ツアー最終戦であるBNPパリバWTAファイナルズ・シンガポール(シンガポール、ハード)は29日、予選ラウンドロビンのレッド・グループ2試合が行われ、第7シードのF・ペネッタ(イタリア)は第3シードのM・シャラポワ(ロシア)に5-7, 1-6のストレートで敗れ、予選敗退が決まると同時に、現役生活に終止符を打った。

全米オープンを制した33歳のペネッタは、そのグランドスラム初優勝の直後に今シーズンをもって現役を引退する決断を下していることを明らかにしていた。

「今は、これが最後の試合だという実感はない。これまでの試合の後と変わりなく感じている。何故かは分からない。きっと数日後にもっと違う気持ちになるのではと思う。」と、ペネッタはまだ実感していない様子だった。

シャラポワはこの日の勝利で予選ラウンドロビン3試合全勝で準決勝進出を決めた。その他、第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)、第5シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)、そしてペネッタが1勝2敗で並び、失セット数でラドワンスカが準決勝進出となった。ペネッタはこの日の試合で、1セットでもシャラポワから奪っていたら、ラドワンスカに代わって準決勝進出するはずだった。

ペネッタは序盤で先にブレークを奪いゲームカウント3ー1とリードしていたが、第8ゲームでシャラポワにブレークバックを許すと、その後は試合の主導権を握られ反撃出来ず敗れた。

「マリア(シャラポワ)のような素晴らしいチャンピオンを相手に最後試合ができたことは最高のことだった。こんなに良い選手に負けたのだから、テニス人生にさようならを言うには、これ以上ない最後の試合になった。もうこれ以上他に言葉はないわ。」とペネッタは、敗戦ながら最後の試合に満足げだった。

惜しまれる引退ですね・・・。


大きな期待・・・

20151024_546_50

女子テニスツアーのBGL・BNPパリバ・ルクセンブルグ・オープン(ルクセンブルグ、 ハード)は24日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク92位の土居美咲(日本)が同47位のA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)と対戦し、第1セットをゲームカウント6-4で先取した時点で、ヴァン=ウィットバンクは途中棄権を申し入れた。この結果、土居は自身初のツアー決勝進出を果たした。

決勝では世界ランク55位のM・バーテル(ドイツ)と対戦する。バーテルは準決勝でS・ボーゲル(スイス)をストレートで破っての勝ち上がり。

土居は準々決勝で元世界ランク1位のJ・ヤンコビッチ(セルビア)をストレートで下す金星をあげるなどの好調さを見せているだけに、期待できますね!


さすが・・・スタン・・・

20151011_546_01

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は11日、シングルス決勝が行われ、第1シードのS・ワウリンカ(スイス)錦織圭(日本)を破った世界ランキ32位のB・ペール(フランス)を6-2, 6-4のストレートで下し、全仏オープン以来約4カ月ぶり 大会初、今季4度目の優勝を飾った。

やはり役者がちが違いますね・・・。

さすが・・・スタン・・・。

 


はてさて・・・

20151006_546_1000

辛くも若手選手を退けた錦織選手・・・。

段々調子があがってはくるとおもいますが、何かいまひとつうまくいってないようなプレーですよね・・・。

期待をかけられることがおおきなプレッシャーとなっているのでしょうか・・・?

それとも・・・。

次の対戦内容が楽しみです。