ジョコビッチがナダルを撃破・・・ソニー・オープン男子

20140331_546_380男子テニスツアーのソニー・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)は30日、シングルス決勝が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第1シードで世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)を6-3, 6-3のストレートで下し、大会4度目の優勝。

今回の対戦でジョコビッチはナダルとの対戦成績を18勝22敗とした。

ジョコビッチは3月中旬のBNPパリバ・オープン男子でも優勝しており、今回で今季2度目のタイトル獲得となった。

一方、敗れたナダルは大会初優勝を狙ったが、今回で4度目の準優勝となった。

これでもジョコビッチはまだ負け越してるんですねぇ・・・。

恐るべし・・・ナダル・・・。


残念・・・。

20140329_546_380男子テニスツアーのソニー・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)は28日、シングルス準々決勝で第5シードの元世界ランク1位R・フェデラー(スイス)を破った第20シードの錦織圭(日本)が左足の付け根の負傷により、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)との準決勝を前に棄権すると発表した。

錦織は自身のフェイスブックで「ファンの皆さんには申し訳ない。とてもガッカリしている。」と、綴っている。

今大会で錦織は2回戦でM・マトセビッチ(オーストラリア)、3回戦で第15シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、4回戦で第4シードのD・フェレール(スペイン)、準々決勝で第5シードのフェデラーを破り大会初のベスト4進出を果たしていた。

準決勝で対戦する予定だったジョコビッチとは過去1勝1敗としており、錦織のマスターズ1000大会で初の決勝進出が期待されていたが、今回は準決勝を前に棄権する結果となった。

すばらしいプレーの後だっただけに残念ですね・・・。

早く回復して、活躍をしてもらいたいものです


錦織がフェレール撃破・・・。

20130803_546_380男子テニスツアーのソニー・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)は25日、シングルス4回戦が行われ、第20シードの錦織圭(日本)が第4シードのD・フェレール(スペイン)を7-6 (9-7), 2-6, 7-6 (11-9)のフルセットで下し、大会初のベスト8進出を決めると同時に、準々決勝で第5シードのR・フェデラー(スイス)との対戦する事が決まった。

この試合、錦織はファーストサービスが入った時に67パーセントの確率でポイントを獲得。さらにフェレールのサービスゲームを5度ブレークし、3時間5分の激闘を制した。

両者は過去に5度対戦し、2勝3敗で錦織は負け越していたが、今回対戦で3勝3敗とした。

また、昨年の同大会4回戦でも対戦しており、その時はストレートで錦織が敗れていた。今回も昨年同様4回戦で対戦する事となり、錦織にとってリベンジ戦となっていた。

着実に力を力を付けてますね・・・。

次のフェデラー戦に期待です


大会結果・・・。

試打会3月21日(金)第1回テニスステーションカップ男子ダブルス大会の結果になります。

各コート、白熱した試合展開で、おおいに会場を盛り上げて頂きました。

お忙しい中、ご参加頂きました選手の皆様に感謝と御礼を申し上げます。

3月21日大会結果

入賞者

 


テニスステーションカップエントリーリスト・組合せ発表

944509_146263288894107_892922985_n遅くなりまして、申し訳ございません・・・。

3月21日(金)開催の第1回テニスステーションカップ男子オープンダブルス大会のエントリーリストと競技方法を掲載致します。

参加選手の皆様、お手数ですがご確認下さい。

尚、当日はAM9:00-11:00の時間でスリクソン・バボラ新製品試打会も開催致しますので、選手、一般の方々のご参加もお待ちしております。*試打会は無料です。

エントリーリスト 組み合わせ

 


フェデラー、ランキング急浮上!!

20140316_270_400男子テニスの17日付世界ランキングが発表され、BNPパリバ・オープン男子で準優勝を飾ったR・フェデラー(スイス)は、前回から3つ上げ5位へ浮上した。

その他の上位陣では1位がR・ナダル(スペイン)、2位はN・ジョコビッチ(セルビア)、3位はS・ワウリンカ(スイス)、4位はD・フェレール(スペイン)、5位はフェデラー、6位はA・マレー(英国)、7位はT・ベルディフ(チェコ共和国)、8位はJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、9位はR・ガスケ(フランス)、10位はJ・アイズナー(アメリカ)となった。

エドバーグコーチに代わってから、効果有りですね!!


本日、テニスステーションCUPオープン男子ダブルス締め切りです♪

wimdb_g本日、3月16日(日)は3月21日(金)開催のテニスステーションCUP男子ダブルス大会の申し込み締め切り日となっております。

一般・学生の選手方々、たくさんの出場申し込みをお待ちしております♪

尚、大会当日は、スリクソン・バボラの新製品試打会も開催致しますので、選手以外の一般の方のご来場も可能です。(もちろん無料です。)

詳しくは大会要項をご覧ください。

STCOPEN男子

申し込み受付メールアドレス:tsn-3015@amber.plala.or.jp

*木村嘉彦フェイスブックより、申し込みも可能です。

よろしくお願い致します!


ダンロップテニスパーク・・・。

20140306_546_380_02テニス用品メーカーのダンロップスポーツ株式会社の販売子会社である株式会社ダンロップスポーツマーケティングは、国内のテニス活性化を目的に、ダンロップ「テニスパーク」プロジェクトを始動する。

テニスクラブ本来の「クラブライフ」の充実を実現し、老若男女がテニスを通じて、コミュニケーションができる社交の場であるメッカの創設を目指し、6つの柱をもとに活性化を進める。

<ダンロップ「テニスパーク」プロジェクト6つの柱とは>

(1)スクール運営
本来のテニスである、「ゲーム性」を重視したスクールカリキュラムの提案。

・シニア、一般、ジュニア、初心者、上級者、プロなどそれぞれのレベルに合ったカリキュラムを提案し、ユーザーに“テニスが楽しい”“テニスをやりたい”という気持ちにさせる環境を整備。

・チームダンロップの中のプロチーム所属プロの活用(引退プロの雇用やイベント支援など)

・フロント・コーチの資質・スキル向上。

(2)普及
地域の情報発信基地としての地域普及活動の推進

・地域のテニス活性化(幼稚園などの巡回テニス教室でプレイ&ステイを普及させる)。

・テニス協会、高校などの講習会を実施。

(3)選手育成
すべての層のトップ選手育成プログラムを提案。

・ジュニア選手普及・発掘・育成を行う。ダンロップジュニアチームのベースキャンプ地とする。

・ジュニア卒業後のプロ・一般選手育成。

・女子連・主婦層選手強化。

・ベテラン選手強化。

(4)会員制クラブ
会員制のクラブの充実。

(5)トーナメント企画・提案
新規大会の企画・提案と既存大会の招致活動。

(6)プロショップ
ダンロップスポーツグループとしてのアンテナショップ作り。

・ダンロップテニス用品のショールーム的な店舗作り。

まずは、2014年4月1日よりワコーテニス株式会社が運営している「マリンテニスパーク北村」(大阪市大正区)でスクールを始動。

クラブ・スクール経営、カリキュラムノウハウの確立のため、西正人(にしまさと)氏と右近憲三(うこんけんそう)氏の2名を外部より起用しモデルケースを確立、その後ワコーテニス株式会社の他テニスクラブへ、ノウハウを展開し拡大していく。

《ダンロップ「テニスパーク」詳細はこちら》

なお、スタートにあたり、沢松奈生子(日本)久見香奈恵(日本)プを起用し、4月5日にオープニングイベントを実施する。

テニス業界に活気が戻ってくるといいですねぇ・・・。


久しぶりの活躍・・・。

20140312_270_400男子テニスツアーのBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード)は11日、シングルス3回戦が行われ、第30シードで元世界ランク7位のF・ベルダスコ(スペイン)が第8シードのR・ガスケ(フランス)を7-6 (7-5), 6-1のストレートで下し、5年ぶりのベスト16進出を果たした。

この試合、ベルダスコはガスケに8度のブレークチャンスを握られるも、1度もブレークを許さないサービスゲームを展開。そして、10度のブレークチャンスから2度のブレークに成功したベルダスコは、1時間37分で勝利をものにした。

べルダスコ、久しぶりの活躍です。復活なるか・・・。