名勝負・・・。

20130908_270_400_03

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は7日、男子シングルス準決勝が行われ、第9シードのS・ワウリンカ(スイス)は第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に6-2, 6-7 (4-7), 6-3, 3-6, 4-6の激闘の末に敗れ、自身初の四大大会決勝進出とはならなかった。試合時間は4時間9分だった。

この試合、ワウリンカはフォアハンド・バックハンドともに強烈なストロークを放ち、ジョコビッチの38本を上回る57本のウィナーを決めた。しかし、第4・5セットでペースを上げたジョコビッチにリードを許してしまったワウリンカは、最後センターへのサービスエースを決められてゲームセットとなった。

試合後、ワウリンカは「負けて悔しいけど、観客の応援は最高だった。僕にとっては、普段あまりない事だからね。」と、コメント。

「この敗戦から得られるものは大きい。グランドスラムで初めての準決勝だったし、いい大会になった。」

両者は今年の全豪オープン4回戦で対戦し、その時もジョコビッチが1-6, 7-5, 6-4, 6-7 (5-7), 12-10のフルセットで勝利していた。その際の試合時間は、5時間2分だった。また、ワウリンカはジョコビッチに対し2勝13敗と敗とした。

28歳のワウリンカは、第7シードで同胞のR・フェデラー(スイス)が4回戦で姿を消す中、R・シュティエパネック(チェコ共和国)、ビッグサーバーのI・カルロビッチ(クロアチア)、元世界ランク8位のM・バグダティス(キプロス)、第5シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)、さらに第3シードで昨年覇者のA・マレー(英国)ら強豪を次々と破り、自身初のグランドスラムベスト4進出を果たした。

WOWOでみてましたが、久しぶりに熱い!!試合でしたねぇ・・・。

今後のワウリンカに期待です