Babolat newストリング RPMDUAL 入荷!!

545416_127137004140069_585147141_n
BabolatのNewストリングが入荷しました!
RPMDUAL(アールピーエムデュアル)ゲージ125.130 定価¥2940税。
二種類のポリエステル素材を螺旋状に成形したツイスト・システムを採用。RPMシリーズの中で、最も優れた耐久性とテンション持続性を特徴としています。
 
張り上げるとこんな感じになります。(白黒のスパイラル)
 
578293_127137024140067_1022649986_n
早速、ある方に試し打ちをして頂きます。
感想はまた後ほど、コメントを頂きたいと思います^_−☆

E-ZONEXIリミテッド入荷!!

__

ヨネックスでは、イバノビッチ選手(WTA12位)、森田あゆみ選手(同55位)、ベランキス選手(ATP87位)など、世界のトッププレーヤーが使用し、ご好評いただいておりますテニスラケット「EZONE Xi」シリーズの新デザイン(ブラック/ピンク)を数量限定にて本日より発売いたします。

このたび発売する新デザインでは、ブラックベースに鮮やかなピンクを配色し、女性ユーザーに向け華やかさを意識したデザインとしました。尚、今回新デザインを発売するのはシリーズ全5機種のうち、中でも人気の高い「EZONE Xi」と「EZONE Xi ライト」の2機種です。
なお、世界トップを狙う森田あゆみ選手が、BNPパリバ・オープン(アメリカ:3月6日~17日)より新デザインの「EZONE Xi」を使用開始予定です。

*新デザインは事前発注を頂いた国内スポーツ店のみでの取扱となります。
*新デザインは2機種合計2,500本の数量限定となります。

思っていたより鮮やかで、きれいなピンク色がコートで目立つと思いますよ。

数量限定ですので、お早めに・・・。


クルム伊達組、大金星まで一歩届かず・・・ソニー・オープン女子

DATE

女子テニスツアーのソニー・オープン女子(アメリカ/マイアミ、ハード)は、ダブルス1回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)/ C・デラクア(オーストラリア)組は第1シードのS・エラーニ(イタリア)/ R・ビンチ(イタリア)組に7-6 (7-5), 2-6, [9-11]の大接戦の末に敗れ、2回戦進出とはならなかった。クルム伊達とデラクアは、今年のパタヤ女子オープンで優勝を飾り、先週行われたBNPパリバ・オープン女子ではベスト4進出を果たしていた。

勝利したエラーニ/ ビンチ組は、昨年の全仏オープンと全米オープンで優勝、さらに今年の全豪オープンでも優勝を飾っていた。

試合後、クルム伊達は自身の公式ブログで「またしても悔しい敗戦。エラーニのしつこさとカバー力は半端じゃない。最後までエラーニのミスのないしつこさに根負け。」と、コメント。

また「それでも相手は第1シードでトップ2の2人。その相手に追い込むところまでのプレーが完璧に出来ていたし、いつものことながらノーアド、10ポイントマッチタイブレイクはほんとに運。タフなドローだったことも不運としかいいようがない。」と、クルム伊達。

クルム伊達は、今大会のシングルスで初戦突破を果たすも、2回戦で第19シードで元女王のV・ウィリアムズ(アメリカ)に接戦の末に敗れた。そのヴィーナスは3回戦を前に棄権を申し入れた。

その事について、クルム伊達は「ヴィーナスが3回戦戦わず棄権していました。こういうの見るとガッカリ…」と、コメント。

残念でしたね・・・


YONEX&テニスステーション新潟共催 男女ダブルス入賞者

 

M

3月20日(日)開催のYONEX&テニスステション新潟共催ダブルス大会

男子決勝戦の組合せです。

 

気になる結果は・・・。

 

M2

男子ダブルス 優勝 鈴木・見田ペア 準優勝 星山・渋木ペア

YONEX男子結果

おめでとうございました

 

続きまして女子決勝戦の組合せです。

W1

 

果たして結果は・・・。

 W2

 

女子ダブルス 優勝 海老根・渡邉ペア(写真左) 準優勝 坂井・斉藤ペア

YONEX女子結果

おめでとうございます

 当日はAM9:00より競技開始し、なんと終了はPM9:00前でした・・・

参加選手皆様には競技進行に大変ご協力を頂きました。

お疲れ様でした。ありがとうございました

この場をかりまして、御礼を申し上げます。

次回の大会開催は4月29日(月)昭和の日 4月29日バボラカップ要項

皆様の御参加をお待ちしております。


3/20(水)YONEX&テニスステーション新潟共催 F・S対象ダブルス大会組合せ発表!!

 

伊達使用

3月20日(水)開催、YONEX&テニスステーション新潟共催 F・S対象ダブルス大会組合せを発表致します。

エントリー数:女子 15組 男子 12組

たくさんの大会エントリー、ありがとうございました

お名前の間違いや・申込み漏れ等がございましたら、ご連絡下さい。

よろしくお願い致します。

 3月20日女子組合せ  3月20日男子組合せ

 


元女王ヒンギスが殿堂入り

 

hingisu

テニスのグランドスラムで、過去5度のシングルス優勝を誇り、元世界ランク1位のM・ヒンギス(スイス)が、2013年の世界テニス殿堂入りに選ばれた事が発表された。ヒンギスはグランドスラムにおいて、5度の女子シングルスに加え、9度の女子ダブルス、ミックスダブルスでも1度タイトルを獲得し、これまで15度の栄冠を手にした。

ヒンギスが初めてその栄冠を掴んだのは、1996年のウィンブルドンでの女子ダブルスで、当時彼女は若干15歳と9ヶ月という若さだった。これは、テニス史上最年少でのグランドスラム・チャンピオンで、その記録は未だ破られていない。

さらに、1997年1月の全豪オープンの女子シングルスで初めてグランドスラム・タイトルを獲得すると、その優勝もシングルスでの最年少記録だった。その後、3月に初めて世界ランク1位となった時には、16歳と6ヶ月という若さで史上最年少記録となり、数々の最年少記録を塗り替えていた。その後、シングルスでは世界ランク1位に209週、ダブルスでも35週間世界ランク1位に君臨した。

今年7月13日に、国際テニス殿堂&ミュージアムという非営利団体での、アメリカはロードアイランド州ニューポートで、その表彰式が行われる。

ヒンギスは「国際テニス殿堂入りに選ばれた事は、この上ない名誉です。これまで、テニス史に名を刻んできた多くの名選手達に名を連ねられるという事は、真の栄誉です。ニューポートでの表彰式に出席する事を楽しみにしていますし、殿堂入りした多くの名選手達に迎え入れられる事を嬉しく思います。」と、喜びを語っていた。

国際テニス殿堂会長であるスタン・スミス氏は「シングルス、ダブルスともに世界1位となり、15回ものグランドスラム優勝を誇るマルチナ・ヒンギスは、世界のエリートの1人として疑う余地もありません。そのような彼女を、テニスというスポーツの伝説的人物の1人として称えられる事を嬉しく思います。」と、ヒンギスへコメントしていた。

現在世界ランク1位で、ヒンギスの1歳年下のS・ウィリアムズ(アメリカ)も、このニュースに対してヒンギスへ賛辞を送っていた。

「彼女は、まさしく殿堂入りするに値する選手です。あれほどの若さで、数々の功績を成し遂げた選手はいませんし、テニスというスポーツに多大な貢献をした選手でした。そして、何よりも私自身にもテニス選手として大きな影響を与えた人物でした。」と、セリーナ。

ヒンギスは足の怪我に泣かされ、2002年のシーズンをもって一時引退するも、2006年のシーズンから復帰。2度の優勝、2度の準優勝、3度のベスト4入りを果たし、シーズンを世界ランク7位で終えた。

しかし、2007年のウィンブルドン時に行われたドーピング検査でコカインの陽性反応が出てしまい、2年の出場停止処分を受け、その事を否定しつつもその汚名を晴らす事はせず、2度目の引退を決めていた。


2013バボラNEWモデルシューズが入荷♪

プロパルス 4 クレー 定価14,595税込

「アエロ・シリーズ」のキーカラーを採用。
フル・ヘリンボーン・アウトソールが優れたグリップ&スライド性能を発揮するクレー&オムニコート用モデル。

ブイプロ2オムニ ホワイト/ピンク 定価¥12,600税込

女性の足に基づいたラスト設計をベースに、快適な履き心地を実現。コートパフォーマンスと女性のためにソフトなタッチを追求したオムニ&クレーコート用モデル。

ドライブ3オムニ 定価¥7,665税込

「ゆったり感」のある快適な履き心地を実現し、オムニコートにおけるハイレベルな機能性と快適性を両立した軽量オムニ&クレーコート用モデル。

各シューズ、サイズを取り揃えております

サイズ合せ可能ですので、一度お試し下さい

 


ナダルの挑戦・・・。

 

 

男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/カリフォルニア州インディアンウェルズ、ハード)に、膝の怪我から復帰を果たしたR・ナダル(スペイン)が第5シードでエントリーしており、約11ヶ月ぶりとなるハードコート大会に臨む。

BNPパリバ・オープン男子へ向けてナダルは「これは、自分にとって大きなテストなんだ。今は、クレーでは試合が出来る事はわかった。今度はハードコートでの挑戦。こうして実戦を重ねる事は、自分の膝がどこまで勝負に耐えられるかのステップなんだ。年間を通して、今まで通りのスケジュールで試合が出来るように、チャレンジを続けていきたい。」と、意気込みを語った。

加えて「将来の事は、今はわからない。BNPパリバ・オープンを戦ってみて、膝がどこまで耐えられるか見てみる必要がある。それでも、こうして大会に出場出来る事実だけでも光栄な事。1週間前にはハードコートで試合が出来るなんて、思っていなかったんだから。」と、コートに立ち続けられる喜びもコメントしていた。

今大会はシード選手32名全員が1回戦を免除されているため、2回戦から登場する。男子シングルス1回戦は、現地7日の木曜日からスタートする。

ナダルは、大会初日となる7日に行われる1回戦の添田豪(日本)R・ハリソン(アメリカ)の勝者と2回戦で対戦する。シード勢が順当に勝ち上がると、ナダルは第2シードのR・フェデラー(スイス)と準々決勝で対戦する事となる。

ナダルは、昨年の全仏オープンで大会史上初となる7度目の優勝を飾ったものの、その後のウィンブルドンではまさかの2回戦敗退。以降は、以前にも痛めた膝の怪我のためにツアー離脱を余儀なくされ、7ヶ月もの治療とリハビリ期間を置いて、先月復帰を果たしていた。

復帰に向けてナダルは、膝への負担が軽いクレー大会を選択し、中南米でのクレーシリーズに3大会出場。復帰戦となったチリでのVTRオープンではH・セバリョス(アルゼンチン)に敗れ準優勝に終わったが、その後の2大会で優勝。

実戦を重ね、膝の調子を見ていたナダルだったが、思うような回復が見られず、ハードコートでのBNPパリバ・オープン男子への出場を回避するコメントをしていた時期もあった。

しかし、3大会目のメキシコはアカプルコでの優勝後には「ここ数日で、かなり膝の状態が良くなった。日々、膝の調子を確認しなければならない。7ヶ月も大きな痛みを抱えていたから、この先どの大会に出場するか決められずにいたんだ。こうして次の大会へ出場出来る事は嬉しいし、1大会ごとに楽しんでプレーしたいと思っている。」とナダルは語り、BNPパリバ・オープン男子への出場を決めた気持ちを明かしていた。

ナダルはBNPパリバ・オープン男子出場に先駆けて、世界テニスの日に制定された3月4日には、アメリカのニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデンで世界ランク7位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)とのエキシビションに登場した。

「とても嬉しい。昨年の全米オープンへの欠場を決めた時は、本当に悲しかったんだ。だから、こうしてまたニューヨークでテニスが出来て、全てが最高の気分さ。」とナダルは、詰め掛けたファンの前でプレー出来た喜びをコメントした。

そのエキシビションは、デル=ポトロが7-6 (7-4), 6-4で勝利したものの「彼(ナダル)の回復ぶりには驚かされた。彼は、すぐに世界1位を争う存在になるのは確実だ。」とデル=ポトロはエキシビション後のインタビューで、ナダルについてコメントしていた。

また今大会に日本勢から、第16シードで錦織圭(日本)伊藤竜馬(日本)もエントリーしている。錦織は、予選勝者のD・ツルスノフ(ロシア)と同じく予選を勝ち上がったP・ペッツシュナー(ドイツ)の勝者と2回戦で顔を合わせる。

スター選手の復帰で、またテニス界が盛り上がるといいですね


限定モデル。

 

ヨネックスでは、イバノビッチ選手(WTA12位)、森田あゆみ選手(同55位)、ベランキス選手(ATP87位)など、世界のトッププレーヤーが使用し、ご好評いただいておりますテニスラケット「EZONE Xi」シリーズの新デザイン(ブラック/ピンク)を数量限定にて3月下旬より発売いたします。

このたび発売する新デザインでは、ブラックベースに鮮やかなピンクを配色し、女性ユーザーに向け華やかさを意識したデザインとしました。尚、今回新デザインを発売するのはシリーズ全5機種のうち、中でも人気の高い「EZONE Xi」と「EZONE Xi ライト」の2機種です。
なお、世界トップを狙う森田あゆみ選手が、BNPパリバ・オープン(アメリカ:3月6日~17日)より新デザインの「EZONE Xi」を使用開始予定です。
*新デザインは事前発注を頂いた国内スポーツ店のみでの取扱となります。
*新デザインは2機種合計2,500本の数量限定となります。

※「EZONE Xi」シリーズとは、
当社独自の「アイソメトリック形状」をフレーム上部にさらに広げることで、従来よりもスウィートエリアを5%拡大しました。これにより、オフセンター(芯を外した箇所)での打ちやすさを向上しています。

テニスステーションにも入荷してきますので、ご予約を承っております♪